トップへ
田んぼサポーター募集! | いいなざわざわ
57 view

田んぼサポーター募集!

フォローする

田んぼサポーター募集
NPO法人祖父江のホタルを守る会

無農薬・化学肥料不使用の田んぼで、稲作体験や田んぼの生きものとのふれあいを楽しみませんか
ご家族や友達、グループの仲間でご参加を


稲沢市祖父江町には、全国的にも珍しく、
今も自然自生しているホタル(田んぼのホタル:ヘイケボタル)が残っています。


ところが、現在では、その貴重なヘイケボタルが絶滅寸前の危機にさらされています。
その生息数や生息地の急激な減少の原因は、水利環境の変化や農法の変化と考えられています。


そこで祖父江のホタルを守る会では、7年前から、約2,400㎡の田んぼ(「実験田」)で、
水環境を整備し、無農薬・化学肥料不使用の稲作を進めてきました。
今では有機栽培特有の安心・安全でおいしいお米が収穫でき、
さらに一年中メダカやフナやドジョウなど水の中の生き物がすむ田んぼになっています。


こんな田んぼ(「実験田」)で、田植え~脱穀までの稲作体験や生き物とのふれあい体験のできる
田んぼサポーターを募集します。(先着20口分まで)
※ご希望により

NPO法人祖父江のホタルを守る会のサポーターになっていただくこともできます。
会のサポーターは、会員と同様の行事・活動に参加していただけます。


田んぼサポーターになるための協力金
一口:10,000円
※ 農地法の所有権の移転または使用貸借権を規定するものではありません。
※ 農作業や生き物採集観察時の体験料、傷害保険料、栽培管理費、苗・肥料代などを含みます。

サポーターの作業予定

(天候や稲の生長に応じて変更する場合があります)
※田んぼサポーター料金支払いは、ご希望により振込も可(振込先は後日お知らせ)
第1回  田植え(手植え体験) 6月15日(土)
※ 当日、田んぼサポーター料金支払い
雨天延期の場合6月16日(日)

第2回  草取り7月6日(土) または7月13日(土)
この頃は随時、草取りを会員が行っています。いつでも参加(協力)できます。
第3回  ザリガニ釣り大会 8月10日(土)頃
第4回  稲刈り(手刈り体験)10月19日(土)または10月26日(土)
第5回  収穫祭(芋煮会)・お米の受け渡し 11月30日(土)
第1回~4回は原則として午前中
詳細はその都度事前にメールにてお知らせします。

お申し込み
ホームページ問い合わせフォーム(メール)、メッセンジャー、Facebookコメント欄等にてお知らせください。
後ほどこちらから確認の連絡をお送りします。

ほたるを守る 会
webサイト http://www.sobuenohotaru.or.jp フェイスブック: https://www.facebook.com/sobuenohotaru

495-0011 稲沢市祖父江町森上本郷二2番地 23 FAX 0587-97-3114 ※ 別紙申し込み書を郵送・FAXでお送りいただいても結構です。

  • いいな(3)
  • ざわざわ(1)
The following two tabs change content below.
山内 晴雄

山内 晴雄

生物多様性の大切さを、自然との楽しいふれあい体験を通して、若い世代に伝えたい。NPO法人祖父江のホタルを守る会理事長
山内 晴雄

最新記事 by 山内 晴雄 (全て見る)