トップへ
祖父江らしくない?オサレなカフェ-OREGAYAREBA-の魅力とは? | いいなざわざわ

祖父江らしくない?オサレなカフェ-OREGAYAREBA-の魅力とは?

稲沢に東京から友だちが来た時、連れて行きたいカフェ・・ある?

ランチとかも困っちゃうよね。でも、そんな時は、迷わず、ここに行きましょう!

本当に祖父江?本当です!証明します(笑)。

ほらね!着きました。

森上駅から徒歩3分!駐車場も7台分あります。

こんな店の店長って、どんな人?

恰好いいんです。(実物はもっと格好いいんですが、僕の写し方が下手でごめん)

店長、植村和雅さん(40歳)、祖父江町生まれの祖父江町育ち。

この店は1年半前の17年11月にオープンしたばかり。それまで、何をしていた人なのか・・。

なんと!飲食とは無縁の、産廃関連の仕事をしていたのです。

その彼、商工会の青年部に誘われて参加した時、小学校時代の2年だった先輩加藤亮介さんから「今、森上駅近くに住宅関連の打ち合わせスペースっていうか、事務所って言うか、隠れ家っていうか・・そんなの作っているんだけど、手伝ってくんない?」と。これは面白そうって参加すると「コンテナハウスがあるんだけど、せっかくだから、ここでお酒飲める店とかやると、みんな集まれるよね。その店長やってみない?」

植村さん、直ぐにその話しに乗ります。
しかし、飲食のことは何も分からないので、まずは、一宮のバーで修業です。お酒やおつまみの作り方。サービス。

さあ!って思っていたら、今度は土地のオーナーから「せっかくだからランチもやらない?」と次なるリクエストが。そこで、今度は縁のある横浜のイタリアンレストラン「アルボンゴ」の松岡シェフについて、女性調理スタッフと共に、ランチメニューの研修。
やるからには、ちゃんとしたものを提供したいという・・真面目で熱心!

そのメニューとは?

まだまだ色々ありますが・・

さらに店のあちこちには、インスタ映えするアイテムがいっぱい!

こんな店が、稲沢にあることはちょっと自慢していいと思う。

行きたくなったでしょ!

最後に、これからのことを聞いてみました。

植村さん

「先のことはあまり考えていません。とにかく、今の仕事が楽しいんです。ただ、接客はあまり得意ではありませんので、笑顔のスタッフに頑張ってもらっています。凄く素敵な空間なので、例えば季節のいい時期に中庭でパーティを開いたり、様々なワークショップを開催したりして、もっと地域の人にも使ってもらえるようになればいいと思っています。」

筆者からヒトコト

・1年ほど前から何度もお邪魔しています。ランチも美味しいし、スタッフの笑顔も最高です。ただ、店の宣伝が下手で、こんなに素敵なカフェ&バーなのに、まだあまり知られていません。今のうちに、店長と仲良くなって、友だちを連れていったら、自慢できるはず。宣伝してあげてください!

・夜お酒を飲む人に朗報なのは、タイでタクシーに使われている「トゥクトゥク」という軽自動車で「10分程度の距離」なら送ってもらえます。飲酒運転せずに、店長に「帰り送って」と頼んでみましょう。(写真ないけど、可愛い乗りもの!)

・入口にKonohaとしか書いていません。そこには手作りショップや飲食店も入っています(但し不定期休)。それらのコンテナショップの間を通って、勇気を持って(笑)奥まで進んでください!

・外のテラス席はペットOKです。晴れて気持ちの良い時はペットと一緒にランチも出来ます。

OREGAYAREBA
店情報

稲沢市祖父江町森上本郷五117-3(Konoha内)

TEL 0587-81-6639

営業時間 カフェタイム 11時~17時

バータイム  18時30分~24時

最大30人まで対応可能

  • いいな(5)
  • ざわざわ(0)
The following two tabs change content below.
冨田 和音

冨田 和音

稲沢市祖父江町出身 名古屋工業大学プロジェクト教授 NAGOYA DESIGN HUB PROJECT代表 民放アナウンサー